ビジネス

「カウンセラー2年目、お客さんが来ません!」に答えていきます。

桑野さん!

お久しぶりです!!

覚えてますでしょうか?

3年前にめちゃくちゃ桑野さんのカウンセリングを受けまくっていたYです。

あの時は目も当てられぬ私の罪悪感をお掃除してくださってありがとうございます!

あれからカウンセリングサービスではないスクールで心理学の勉強をしてカウンセラーの資格を取りました。

1年目はそれまで応援してくれていた仲間の口コミもあって、お客さんが来てくれました。

が!!!

2年目の今年になってあれは幻だったのか?お客さんが泣いても笑っても来てくれません。ビジネスのセミナーに通っても何も変わりません。

私にカウンセラーの才能がなかったのでしょうか?

罪悪感をたんまり癒してもらったのに、お金のブロック?目立つことの怖れ?無意識にブレーキをかけてる?

去年は書くだけで楽しかったブログも書けなくなってしまいました。

同じカウンセラー仲間がSNSで発信しているのを見て、後ろめたさも感じてます。

嫉妬して、才能のない自分を

私はまだまだ癒し足りない!

自分でやれると勘違いしてた!

と絶賛後悔中です。

どうすればこの状況を打破できますか?

(Yさま)

お久しぶりです。

ちゃんと覚えてますよ。

カウンセラーになられたんですね。

Yさんはカウンセラーですが、夢と集客とビジネスって起業された方やフリーランスの方は共通するテーマになるかと思います。

自分を責めなくて大丈夫ですよ。

自分の過去と時間をかけて向き合ってきて、そこからさらに前を向いて進んできたわけですからね。

才能と結果は必ずしもすぐにイコールにはならないことがあります。

ほとんどの場合はそうかなと思います。

すぐに突出した人が目立つかもしれませんが、コツコツと毎日を丁寧に積み重ねてきて結果を出した人もたくさんいますからね。

ちゃんと深く息ができてますか?

僕のカウンセリングにはYさんと似たような相談をする方が多いかもしれません。
もちろん、お仕事はカウンセラーじゃない場合も多くあります。

僕自身は「めっちゃ集客できる方法ありますよ!」とゴリゴリ宣伝しているわけではないのですし、僕自身もコツコツ派だと思ってます。

ただやって来られる皆さんに共通しているのは「疲れている」ことです。

自分を癒して、それをきっかけに前に進み始める。

結果が出ない!焦る!

なんとかもがく!もがく!

でも、結果が出ない!

何やってんだろう私!

ビジネスのセミナーなど方法論的なアドバイスをもらうことも大切だと思います。

ただ体育会の集まりに無理して文化系の少女が迷い込んだような、

無理して焦って、それでも結果が出なくて苦しくなってしまうことがあります。

走り続けて、呼吸が浅くなっている感じです。

そのセミナーが悪いというわけではなくて、タイミングなのか?マインドなのか?状況や環境?ノリや雰囲気が自分に合っていないのかもしれません。(ピタッとハマってうまくいく場合もあると思いますが)

合わないことは何も悪いことではないのですは、

「ここで他の人と同じように頑張れない私がもうダメだ!」と

それすら、自分に鞭を打つ材料にしてしまうのです。

合っていない環境や状況で焦れば焦るほど、呼吸は苦しくなって

「もういいや!」と半ば投げやりになった時に、僕のことを思い出してくれる方が多いのかもしれません。

そんな風にやってきた方には縁台でお茶を飲むようなイメージですかね。

そんな方にはまずは一息ついてもらうようにしてます。

Yさんが書いているように

「私には才能がないのでしょうか?」

と皆さんお聞きになります。

「知らんがな!とりあえずお茶を飲んでいきなさい!

こんなにボロボロになるまで頑張ってきて〜。

とりあえずお茶を飲みんさい!

お茶もゆっくりと飲めないのに、才能もクソもないよ!」

とおせっかいおばさんモードで、まずはゆっくりと気持ちを落ち着かせてもらいます。

焦って、ダメ出しして、自分を見失って、

擦り減るだけの心に鞭を打っても意味はありません。

まずはしっかり深呼吸することです。

比喩的な意味ではなくて、

まずはゆっくりと深呼吸して、熱いお茶でも淹れてみてください。

それからこのブログの続きを読んでいきましょう。

やりたいこと以外に囚われているかも?

恋愛でもそうですが期待が大きかった度合いだけ、ガッカリしてしまいます。

そこで何かを取り返そうと焦ってしまいます。

でも、焦りは執着になっていきますからね。

これは恋愛でもビジネスでも同じだと思ってます。

Yさんがカウンセラーに向いてないとか、執着していると言っているのではありませんからね。

念の為に。

「好きなこと」と「お金を稼ぐこと」が相反する訳ではありませんが、

Yさんはそもそもどんなモチベーションでカウンセラーになったのでしょうか?

目の前の数字を追いかけるよりも他に見つめていく必要があるかもしれません。

もしかたら、

プライドとか、自己肯定感とか、お金とか、名声とか、評判とか、

それも大切なことですが、

初期衝動のモチベーションではないものを必死に追いかけてしまっていることがあります。

するとYさんの良さがエネルギーとして伝わらないし、循環していきません。

恋愛も執着して必死に追いかけている時って、その人の良さが伝わらないことがあります。

何か手放すことで、新しい何かを得られる。

これは恋愛でも、ビジネスでも同じです。

焦って個性や才能を埋めてない?

過去にアーティストの記事シリーズを書いてました。

アーティストにしか生きれないオンナたち 僕のカウンセリングの多数を占めるであろうアーティストな女性クライアントさんたち。 すなわち 《アーティストな女性》 ...

アーティストな才能とビジネスってすぐに結びつかないことがあります。

<自分が表現したいこと>と<人の求められていること>がズレていることがあるからです。

ここで注意したいポイントは<自分が表現したいこと>を受け入れてくれる人はちゃんといます。

その人達に出会うまでには、見つけてくれるまでの時間も、発信も必要です。

でも、焦ってしまいますよね。

それで、自分の表現したいことを無意識に変えてしまうことがあります。

それをビジネスとして割り切ってやる場合はいいですが、無意識に自分の表現やポリシーみたいなものがズレてしまうと、せっかくの才能や個性が見つかりにくくなってしまいます。

どこにでも売っている商品はたくさんの人に手に取ってもらいやすいですが、そこを目指して個性や才能が埋没するのは本末転倒かもしれませんよね。

Yさんの初期衝動やモチベーションを振り返ってみてくださいね。

ちょっと補足ですが。

「カウンセラー」とはただの一つの仕事の名前な訳です。

いろいろと振り返ってYさんのやりたいこと、勉強してきたこと、経験したことがが違う形の方がフィットすることもあります。

つまり「カウンセラー」という言葉自体に囚われていることもあるのです。

初期衝動やモチベーションを振り返るときは、本当にゼロベースで自分を掘り下げてみてくださいね。

才能を磨いていく時間

初期衝動は掘り下げていけましたか?

ここから才能についてみていきましょう。

才能にスキルがまだ追いついてないってことがあります。

才能とは言わばダイヤモンドの原石のようなもので、それを磨いていく必要があります。

そこには経験や時間が必要ですからね。

「才能がない」と自分を見限ることもなくて、お金のブロックや表現する怖れなど勝手にネガティブな問題を作り出さなくていいかもしれません。

そりゃ一気にドカッと人気が出た方が安心しますが、それだけが全てではありません。

クロマニヨンズの甲本ヒロトさんは

売れているものが良いものなら、世界一のラーメンはカップラーメン

と言ってますしね。

素晴らしいものが必ずしもすぐに結果が出るわけでもなくて、決して簡単な道ではないと思います。

それはカウンセラーに限った話だけではなくて、どんな仕事でも自分で仕事を拡げていくのはタフなことです。

売れてても、売れていなくても、毎日がチャレンジとエラーの繰り返しです。
(大企業であってもそこは同じと思います。)

時間も心も注いで「これをしたい!」と思っているなら、凹まずに胸を張っていきましょう。

思い通りに行かないからって凹む理由にしなくていいのです。

むしろ自分を磨いていく時期なのです。

自分を癒していくことは、地面を掘ってダイヤモンドを見つけていく作業です。

それから、そのダイヤモンドを磨いていく時期なのです。

客観的なアドバイスをもらう

最初はお客さんがたくさん来てくれたということなので、Yさんを慕ってくれる人や応援してくれる人がいるわけですよね。

そこは自信を持たれていいと思いますよ。

で、その勢いが続かないかったので、凹んでしまったわけですよね。

もしかしたら、何かしらやり方がズレているかもしれません。

自分をダメ出しする必要はありませんが、それは冷静に見直してみてくださいね。
むしろ、自分にダメ出しをしている時は、冷静に見ることができませんからね。

客観的に先輩などにアドバイスをもらってみてください。
個人的には辛口な先輩ほど、こんな時ありがたいんですよね。

このやり方ではうまくいかない!
才能が機能してないよ!

なんてこともあるかもしれません。

ちょっと手厳しい意見でも、まっすぐに言ってもらえる方が後々ありがたいと思います。

僕も後輩を指導する立場になりましたが、自分では気が付けない穴みたいなものがあるんですよね。

一生懸命だからこそ見えなくなってしまうことがあるのです。

自分のエネルギーは充実してる?

ブログを書けないのは、表現する怖れもあるかもしれませんが、単純にネタ切れ、エネルギー切れかもです。

バンドもそうですが、ファーストアルバムはそれまで溜め込んでいたものを作品に出来ます。

楽曲になっていても、そうでなくても、目に見えないストックがあるんですよ。

そのストックが枯渇してきたなら、まずは自分の心を潤していくことです。枯渇した状態では、アウトプットの質も下がってしまいますからね。

お客さんが来ないお店でバイトした経験などありますか?

何もしていないけど、めちゃ疲れます。
時間も長く感じます。

バタバタと忙しくしている方がよっぽど気持ち的にも体力的にも楽なことがあるんですよ。

これブログやSNSでも同じことが言えて、お客さんが来てくれないのにメッセージを投げかけ続けるのってしんどいわけです。

「もっといい文章を書いたら、、、」

「でも、それでも来なかったら、、、」

と葛藤を続けますからね。

その状態なら思い切ってリフレッシュした方がいいですよ。心のエネルギーをチャージしていきましょう。

Yさんが書いているようにお金のブロックや表現することの怖れもあるかもしれません。

ただ「成果が出ない」を直ぐにそこに繋げてしまうのも、おすすめはしません。

心の中の問題に目を向けるのも大切ですが、いま実際にやれることに目を向けるのも大切ですからね。

で、個人的な想いですが、
いまのYさんの経験こそカウンセラーとして(また他の仕事でも)財産になると思ってます。

自分を癒して癒して、
新しいチャレンジをしたけど
すぐに結果が出ない。

今回はそれがビジネスですが、恋愛でも、人間関係でも同じようなことはたくさんありますからね。

この時期をどう過ごして、どう自分を扱っていくのか?勉強させてもらっている。

ここで勉強したことをいつか還元できるようになると思います。

桑野量の予約状況やカウンセリングのご利用は以下のボタンよりご確認ください。

最新予約状況

カウンセリングについて